イークロージング公式通販サイト 税込5,400円以上ご購入で送料無料(一部地域を除く)

ようこそ $LAST_NAME$$FIRST_NAME$様 $POINT$pt

TOP > TOPICS > 洗濯表示について

TOPICS

洗濯表示について

法改正により、家庭用品品質表示法に基づく繊維製品品質表示規定が改正され、2016年12月1日から洗濯絵表示が変更されました。
このページでは、洗濯表示記号の見かたのポイントと、各記号の説明をご説明します。

洗濯記号の見かたのポイント

洗濯表示は、基本記号と付加記号、数字を組み合わせて構成します。

基本記号
洗濯処理 漂白 乾燥 アイロン仕上げ 商業クリーニング
洗濯処理 漂白 乾燥 アイロン仕上げ 商業クリーニング
+
付加記号:処理
弱い 非常に弱い
弱い 非常に弱い
付加記号:乾燥やアイロン仕上げの温度
低 中 高
低→高
数字
家庭洗濯での洗濯液の温度
家庭洗濯での洗濯液の温度
禁止
基本記号と組みあわせて禁止を表す
基本記号と組みあわせて禁止を表す

洗濯記号の意味

洗濯処理

  • 洗濯処理
    ①40℃を限度とした、通常洗濯。
    ②40℃を限度とした、弱い洗濯。
    ③40℃を限度とした、非常に弱い洗濯。
  • 洗濯処理
    ①30℃を限度とした、通常洗濯。
    ②30℃を限度とした、弱い洗濯。
    ③30℃を限度とした、非常に弱い洗濯。
  • 洗濯処理
    液温は、40℃を限度とし、手洗いによる洗濯処理ができる。
  • 洗濯処理
    洗濯処理はできない。

漂白

  • 漂白
    ①塩素系及び酸素系漂白剤が使える。
    ②酸素系漂白剤のみが使える。
    ③漂白処理はできない。

乾燥

  • タンブル乾燥

    タンブル乾燥
    ①タンブル乾燥が可能、上限80°Cの高温乾燥。
    ②タンブル乾燥が可能、上限60°Cの低温乾燥。
    ③洗濯処理後のタンブル乾燥処理はできない。
  • 自然乾燥 – つり干し

    自然乾燥 – つり干し
    ①脱水後、つり干し乾燥がよい。 (日向での乾燥可)
    ②脱水後、日陰でのつり干し乾燥がよい。
  • 自然乾燥 – ぬれ吊り干し

    自然乾燥 – ぬれ吊り干し
    ①ぬれつり干し乾燥がよい。
     (脱水しないでぬれたまま干す)
    ②日陰でのぬれつり干し乾燥がよい。
  • 自然乾燥 – 平干し

    自然乾燥 – 平干し
    ①脱水後、平干し乾燥がよい。
    ②脱水後、日陰での平干し乾燥がよい。
  • 自然乾燥 – ぬれ平干し

    自然乾燥 – ぬれ平干し
    ①ぬれ平干し乾燥がよい。
    ②日陰でのぬれ平干し乾燥がよい。
  • 【ぬれ干しのポイント】

    強く絞ったり脱水すると型崩れしやすい製品は、ぬれたまま干しますが、タオルなどでくるんで上から軽く押さえて、できるだけ水分を取ってから干しましょう。

アイロン仕上げ

  • アイロン仕上げ
    ①200℃を限度としてアイロンできる。
    ②150℃を限度としてアイロンできる。
    ③110℃を限度としてスチームなしでアイロンできる。
  • アイロン仕上げ
    アイロン仕上げ処理はできない。

商業クリーニング

  • ドライクリーニング

    ドライクリーニング
    パークロロエチレン及び石油系溶剤でのドライクリーニング処理(タンブル乾燥を含む)ができる。
    ①通常の処理
    ②弱い処理
  • ドライクリーニング
    石油系溶剤でのドライクリーニング処理(タンブル乾燥を含む)ができる。
    ①通常の処理
    ②弱い処理
  • ドライクリーニング
    ドライクリーニング処理ができない。
  • ウェットクリーニング

    ウェットクリーニング
    ウエットクリーニング処理ができる。
    ①通常の処理
    ②弱い処理
    ③非常に弱い処理
  • ウェットクリーニング
    ウェットクリーニング処理はできない。
  • ※ウェットクリーニングとはクリーニング店が特殊な技術で行う、「プロの水洗い」と「仕上げ」による洗濯です。